肉体的な問題があることも

woman thinking

早漏の原因として多いと言われているのが、「過敏性早漏」です。
要するに、刺激を敏感に感じてしまうのためにすぐに射精してしまうことです。
日本人の2人に1人は包茎といわれています。
包茎の種類にも、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎、埋没包茎というものがあります。
特に多いのがこの仮性包茎というもので、普段は皮が亀頭を覆っている状態ですが、
手で皮を剥くように下に降ろしていくと亀頭が露出します。
この仮性包茎にも色々なパターンがあって、勃起すると自然に亀頭が露出していく正常のものから、
勃起しても亀頭が露出することなく皮を被ったままというものもあります。
皮が亀頭を覆っている状態はカバーがかかっている状態と同じですので、
保護はされていても直接刺激を受けることは少なくなります。
そのため特に10代、20代の若い男性に多いのですが、仮性包茎で皮を剥くことが少ないと、
亀頭に強い刺激を受けた時に耐えられなくなってしまいます。
女性に手で刺激されたり、挿入時に膣で締め付けられるとあっという間に射精してしまうのです。
そういった方は、包茎を手術したら治ると思っている方もいるでしょうが、
包茎が問題ではなく、亀頭が敏感なのが原因なので、
皮を剥いて触るようにするなど日頃からトレーニングをすることが大切です。
またオナニーをする時、誰でも他人には見られたくないもの。
早くフィニッシュを迎えようと思ってすぐに射精する癖が付いている方は早漏になりやすいです。
このように、肉体的な問題から早漏になってしまうということもあるんですよ。